■衆議院事務局職員二種
衆議院事務局は、議院の自律権に基づき、衆議院の事務を処理するため置かれている機関です。そこで働く職員は、特別職の国家公務員とされ、国会の立法活動を補佐するさまざまな仕事に従事します。

■衆議院事務局職員二種
中級係員の採用試験。会議運営、調査事務、一般事務に従事します。

オススメの予備校はこちら

■受験資格
1.試験が行われる年の4月1日現在で、21歳以上27歳未満の者

■申込方法
募集要項、申込用紙を衆議院事務局庶務部人事課任用係に請求します。
請求方法は、直接取りに行くか郵便で請求します。
郵便で請求する場合は、封筒の表に「二種請求」と赤字で書き、120円切手を貼った返信用封筒(角型2号)に自宅への宛先・氏名を明記します。返信用封筒にも「二種請求」と赤字で明記して同封します。

申込用紙を「衆議院事務局庶務部人事課任用係」に提出します。

■試験日程
平成22年度の衆議院事務局職員二種試験は下記の日程で行われます。

受験案内等配布開始 2月下旬
受付期間 4月1日(木)〜4月15日(木)
第1次試験 5月22日(土)
第1次試験合格発表 5月28日(金)
第2次試験 6月6日(日)
第2次試験合格発表 6月25日(金)
第3次試験 7月5日(月)〜7月9日(金)のうち指定する日
最終合格発表 8月上旬頃


■試験内容
平成22年度の衆議院事務局職員二種試験は下記の内容で行われます。

試験 試験種目 解答時間
第1次試験 教養試験(多枝選択式) 120分
専門試験(多枝選択式) 120分
第2次試験 論文試験(記述式) 120分
第3次試験 集団討論試験
個別面接試験


・教養試験(多枝選択式)・・・一般教養

・専門試験(多枝選択式)・・・憲法、行政法、民法、刑法、労働法、政治学、行政学、経済学、財政学、社会政策、国際関係

・論文試験(記述式)・・・2題(120分)
(1)憲法(1題)(必須)
(2)政治学(1題)または経済学(1題)(いずれか選択)

・集団討論試験・・・

・面接試験・・・個別面接による人物評価

・口述試験・・・

■試験地
平成22年度の衆議院事務局職員二種試験は下記の試験地で行われます。

・第1次試験地:東京大学教養学部校舎(目黒区駒場3−8−1)
・第2次試験地:東京大学教養学部校舎(目黒区駒場3−8−1)
・第3次試験地:衆議院事務局

■合格倍率
衆議院事務局にて発表されている、平成18年〜平成20年の申込者数と合格者数です。

年度 申込者数 第1次試験合格者数 第2次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成1年 784 197 54 9 87.1倍
平成20年 887 276 54 11 80.6倍
平成19年 865 279 74 16 54.1倍
平成18年 1,323 282 69 13 101.8倍


■その他
衆議院事務局職員二種の採用について、詳しくは衆議院ホームページをご確認ください。

オススメの予備校はこちら


予備校選び
職種一覧
衆議院事務局職員(一種)
衆議院事務局職員(二種)
衆議院事務局職員(三種・衛視)
衆議院法制局職員(一種)
参議院事務局職員(一種)
参議院事務局職員(二種・技術)
参議院事務局職員(三種・技術)
参議院事務局職員(衛視)
参議院法制局職員(一種)
公務員とは
公務員試験とは

(C)公務員試験・情報ガイド
携帯アクセス解析