■司書、司書補
司書は図書館職員として、都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行います。司書補は司書の職務を補助する役割を担います。

司書・司書補になるためには国家資格の取得が必要で、司書講習を受講するほか大学や短期大学で単位を履修することで取得できます。実際に司書・司書補として働くためには、司書・司書補の資格を取得した後、各自治体の採用試験を受験することが必要になります。

各自治体の採用試験に合格すると、各図書館に配属されることになります。

オススメの予備校はこちら

■受験資格
図書館職員としての受験資格は、各自治体により異なります。しかし、司書・司書補の資格は最低限必要となります。ここでは、司書・司書補の資格取得方法を紹介します。
■司書
下記のいずれかの方法で司書の資格を取得できます
1.大学(短大を含む)又は高等専門学校卒業生が司書講習を修了する
2.大学(短大を含む)で司書資格取得に必要な科目を履修して卒業する
3.3年以上司書補としての勤務経験者が司書講習を修了する

司書講習の受講条件です
(ア)大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得しているか又は高等専門学校を卒業していること
(イ)2年以上司書補(国立国会図書館又は大学若しくは高等専門学校の附属図書館の職員で司書補に相当するものも含む)として勤務した経験がある者

■司書補
下記のいずれかの方法で司書補の資格を取得できます
1.司書の資格を有する
2.高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者又は高等専門学校第三学年を修了した者で司書補の講習を修了する

司書補の講習の受講条件です
高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者又は高等専門学校第三学年を修了した者

■申込方法
司書講習または司書補の講習実施大学の中から、受講を希望する大学を選んで募集要項を取り寄せて申し込みます。

■講習日程
毎年7月〜9月の間に司書講習または司書補の講習が行われます。
■講習内容
司書講習の講習内容です。

必須科目
科目名 単位数
生涯学習概論 1
図書館概論 2
図書館経営論 1
図書館サービス論 2
情報サービス概説 2
レファレンスサービス演習 1
情報検索演習 1
図書館資料論 2
専門資料論 1
資料組織概説 2
資料組織演習 2
児童サービス論 1
選択科目(2科目2単位選択)
図書及び図書館史 1
資料特論 1
コミュニケーション論 1
情報機器論 1
図書館特論 1


司書補の講習の講習内容です。

科目名 単位数
生涯学習概論 1
図書館の基礎 2
図書館サービスの基礎 2
レファレンスサービス 1
レファレンス資料の課題 1
情報検索サービス 1
図書館の資料 2
資料の整理 2
資料の整理演習 1
児童サービスの基礎 1
図書館特講 1


■講習会場
文部科学省大臣が委嘱する各講習実施大学にて行われます。

■問合せ先
各講習実施大学へ問い合わせてください。

オススメの予備校はこちら


予備校選び
職種一覧
国立大学等職員
司書、司書補
学芸員
公務員とは
公務員試験とは

(C)公務員試験・情報ガイド
携帯アクセス解析