■参議院事務局職員(衛視)
参議院警務部では、議院の秩序保持のための組織として事務局の中に位置づけられており、参議院議長の指揮の下に約210名の衛視が、議院警察の執行に従事します。

オススメの予備校はこちら

■受験資格
1.試験が行われる年の4月1日現在で、17歳以上20歳未満の者で次に掲げる者
(ア).高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び翌年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
(イ).参議院事務局が(ア)に掲げる者と同等の資格があると認める者

■申込方法
募集要項、申込用紙を参議院事務局人事課任用係に請求します。
請求方法は、直接取りに行くか郵便で請求します。
郵便で請求する場合は、封筒の表に「衛視請求」と赤字で書き、120円切手を貼った返信用封筒(角型2号)に自宅への宛先・氏名を明記して同封します。

申込用紙を「参議院事務局人事課任用係」に提出します。

■試験日程
平成22年度の参議院事務局職員衛視試験は下記の日程で行われます。

受験案内等配布開始 2月下旬
受付期間 7月20日(火)〜8月13日(金)
第1次試験 9月11日(土)
第1次試験合格発表 9月24日(金)
第2次試験 10月12日(火)・10月13日(水)のうちいずれか指定する日
最終合格発表 10月22日(金)以降


■試験内容
平成22年度の参議院事務局職員衛視試験は下記の内容で行われます。

試験 試験種目 解答時間
第1次試験 教養試験(多枝選択式) 2時間
一般常識試験(短文記述式)/衛視 1時間
作文試験 1時間
第2次試験 性格検査
人物試験
基礎体力検査
身体検査


・教養試験(多枝選択式)・・・一般的知識・知能、合計40題(すべて必須解答) 社会科学[7題]、人文科学[8題]、自然科学[6題]、文章理解[6題]、判断推理・数的推理・資料解釈[13題]

・一般常識試験(短文記述式)・・・一般常識

・作文試験・・・

・性格検査・・・人物試験の参考

・人物試験・・・個別面接による人物評価

・基礎体力検査・・・基礎体力、腹筋力、敏しょう性、瞬発力についての検査

・身体検査・・・胸部エックス線撮影、血圧測定、尿検査、その他一般内科系検査

■試験地
平成22年度の参議院事務局職員衛視試験は下記の試験地で行われます。

・第1次試験地:東京、京都

・第2次試験地:参議院事務局

・第3次試験地:参議院事務局

■合格倍率
参議院事務局にて発表されている、平成14年〜平成20年の受験者数と合格者数です。

衛視 受験者数 最終合格者数 合格倍率
平成21年 212 6 35.3倍
平成20年 323 9 35.9倍
平成19年 257 6 42.8倍
平成18年 59 7 8.4倍
平成17年 115 5 23.0倍
平成16年 115 5 23.0倍
平成15年 122 5 24.4倍
平成14年 54 9 6.0倍


■問合せ先
参議院事務局人事課任用係
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-16
電話:03-5521-7492

■その他
参議院事務局職員一種の採用について、詳しくは参議院事務局ホームページをご確認ください。参議院事務局ホームページでは、参議院事務局職員一種の過去問も配布されています。
■参議院ホームページ
http://www.sangiin.go.jp/
■参議院事務局、採用情報ページ
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/saiyou/index.html
※ホームページはパソコンにてご確認ください。

オススメの予備校はこちら


予備校選び
職種一覧
衆議院事務局職員(一種)
衆議院事務局職員(二種)
衆議院事務局職員(三種・衛視)
衆議院法制局職員(一種)
参議院事務局職員(一種)
参議院事務局職員(二種・技術)
参議院事務局職員(三種・技術)
参議院事務局職員(衛視)
参議院法制局職員(一種)
公務員とは
公務員試験とは

(C)公務員試験・情報ガイド
携帯アクセス解析