■皇宮警察大卒スペシャリスト採用試験
専門的な知識や特技等を有する人材を皇宮護衛官に採用することを目的とし、大卒者をターゲットとした皇宮護衛官採用試験が実施されます。
採用後は皇宮護衛官として、天皇陛下始め皇族方の護衛や皇居、御所などの警備に従事します。
■護衛
天皇皇后両陛下や皇太子同妃両殿下をはじめとする皇族各殿下のお出かけや外国訪問の際に身辺の護衛、白バイやサイドカー(側車)での護衛を行います。
■警備
皇宮警察として皇居・御所等の警戒警備、警防業務(消防)を行います。

※高卒向けの皇宮護衛官(武道有段者)採用試験もあります。

オススメの予備校はこちら

■受験資格
大学を卒業した者又は翌年3月までに大学を卒業する見込みの者で、次の(1)〜(6)のいずれかの資格又は特技等を有する者
(1)2004年以降のTOEICスコアが650点以上の者
(2)スキー経験者でSAJ2級又はSIAシルバー以上の技能を有する者
(3)柔道、剣道等が2段以上の者
(4)乗馬経験者で日本馬術連盟B以上の騎乗者資格を有する者
(5)大型自動二輪車の運転免許を有する者
(6)(1)から(5)以外で皇宮警察本部が、これらと同等の資格又は特技等があると認める者

■申込方法
申し込み方法は、パソコンのインターネットでエントリーします。郵送での申し込みはできません。
受付期間中に下記のURLから皇宮警察大卒スペシャリスト募集ページへ行き、ページ最下部のエントリーボタンより申し込みます。

http://www.jinji.go.jp/koubo/koubo.html

■試験日程
平成22年度の皇宮護衛官試験は下記の日程で行われます。

受験案内等配布開始 3月23日(火)
受付期間 4月5日(月)〜4月26日(月)
第1次試験 5月30日(日)
第1次試験合格発表 6月18日(金)
第2次試験 7月13日(火)〜7月15日(木)
最終合格発表 7月30日(金)


■試験内容
平成22年度の皇宮警察大卒スペシャリスト採用試験は下記の内容で行われます。

試験 試験種目 解答時間
第1次試験 教養試験
(多枝選択式)
1時間30分
論文試験 1時間30分
第2次試験 人物試験
身体検査
身体測定
体力検査


・教養試験(多枝選択式)・・・一般的な知識及び知能についての多枝選択式による筆記試験 計40題

・論文試験・・・文章による表現力、課題に関する理解力などについての筆記試験 1題

・人物試験・・・人柄、対人的能力などについての個別面接。
※ 人物試験の参考とするために性格検査をもあわせて実施

・身体検査・・・主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、その他一般内科系検査

・身体測定・・・身長、体重、胸囲、視力についての測定

・体力検査・・・身体の上体起こし(筋持久力)、立ち幅跳び(瞬発力)、反復横跳び(敏しょう性) についての検査

■試験地
平成22年度の皇宮警察大卒スペシャリスト採用試験は下記の試験地で行われます。

・第1次試験地:札幌市、仙台市、東京都、大阪市、福岡市

・第2次試験地:東京都、京都市

※試験会場の都合により、京都市は大阪市に変更になる場合があります。

■合格倍率
皇宮警察本部にて発表されている、平成19年〜21年の申込者数と合格者数です。
採用予定数は8名程度。

年度 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成21年 379(89) 50(7) 12(2) 31.6倍
平成20年 218(53) 55(16) 12(3) 18.2倍
平成19年 268(70) 50(22) 13(7) 20.6倍

※カッコ内は、女性の内数です。

■その他
詳しくは人事院ホームページまたは皇宮警察本部のホームページをご確認ください。
■人事院
http://www.jinji.go.jp/jinji_m/top.htm
■皇宮警察本部
http://www.npa.go.jp/kougu/toppage.htm
■皇宮護衛官・採用情報

http://www.npa.go.jp/kougu/saiyou.htm
※皇宮警察本部ホームページはパソコンにてご確認ください。

オススメの予備校はこちら


予備校選び
職種一覧
入国警備官
皇宮護衛官
皇宮護衛官(武道有段者)
皇宮警察大卒スペシャリスト採用試験
法務教官
刑務官
公務員とは
公務員試験とは

(C)公務員試験・情報ガイド
携帯アクセス解析