■公務員試験とは
公務員になりたい人たちが受ける就職試験です。
受ける職種にもよりますが、主に筆記試験、面接試験があります。

■試験のレベル
民間の就活(就職活動)の場合、筆記試験はSPIの簡単なレベルで、面接を何回も繰り返す面接重視タイプを採用しています。しかし、公務員試験の場合、職種によっては大学受験レベルの勉強が必要になります。民間の就活と比べると筆記試験の難易度が高い分、面接試験のウェイトが低くなっています。ただ、それも職種によって異なり、筆記がよければほとんど合格する職種もあれば、筆記がただの足切りで面接重視という職種もあり、千差万別です。

■難易度
公務員試験は簡単に受かるものではありません。とても難しいです。難しくなってしまっている理由は主に2つあります。

採用側は、「税金を給料として払っているため、不祥事を起こすような危うい人材を排除し、優秀な人材を登用したい」と考え、できる限り厳選した採用を目指しています。

また、就職活動側は「やりがいのある仕事があったり、解雇(クビ)がないことや、週休2日、育児休暇・産前産後休暇などの好待遇で安定している」と考えているため、採用予定人数よりも10倍、20倍と応募が集まってしまうのです。

そのためにライバルが増え、易しい採用基準だと人数を採りすぎてしまうことから、難易度があがってしまうのです。

■試験対策は重要
難しいとはいえ、きちんと対策を立てれば合格できます。公務員になれば、民間ではできない仕事ができたり、好待遇の条件で仕事をすることができるようになります。

合格対策についての詳細は、公務員試験合格に向けてをご覧ください。


公務員とは
公務員試験とは
試験の内容
試験合格にむけて
メルマガで情報収集
合格体験談
予備校選び
職種一覧

(C)公務員試験・情報ガイド
携帯アクセス解析